3M イヤーマフ Xシリーズ 遮音性能、重さ、カップの厚みを比較

 

 

外観 NRR 重量 カップ厚み バンド伸縮幅 カラー
X5A 31db 351g 81mm 35mm
X4A 27db 234g 46mm 35mm 黄緑
X3A 28db 245g 62mm 35mm
X2A 24db 220g 62mm 35mm
X1A 22db 184g 46mm 35mm

 

バンド伸縮幅は、左右とも同じ長さ

 

遮音性能は、NRR(ノイズリダクションレート)で表示。

NRRとは、遮音性能の目安のこと。

NRR31のイヤーマフとは、31db遮音する能力があるということ。

例 90db(電車が通るガード下) - 31db = 59db〈何とか会話が出来るレベル)

電車が通るガード下でNRR31のイヤーマフを装着すると、何と会話が出来るレベルまでになる。

 

 

 

周波数ごとの遮音性能

遮音能力が高い機種を探す場合、遮音性能NRRを目安し、数字が大きいものを選ぶ。

また、その機種が低音をよく遮音するのか、高音をよく遮音するのかを見るには、周波数ごとの遮音性能を見る。

125~8000は周波数。単位はhz。

例 125~500hzで、数値の大きいX5Aは、低音を遮音する能力も高い。

 

機種 外観 NRR 125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000
X5A 31db 23.9 30.5 41.1 43 38 43.1 44 41.1 40.3
X4A 27db 20.5 24.1 32.8 40.7 37.6 44.5 45.4 42.4 42.3
X3A 28db 23.4 27.7 29.4 42.5 38.8 39.3 42.3 39.5 39.5
X2A 24db 14.9 21.6 31.8 41 36.7 39.1 38.5 39 39
X1A 22db 16 18.3 27.7 37.6 35.1 42.2 41.4 39.4 39.3

 

3M イヤーマフ Xシリーズ 選び方:

 

絶対的な遮音性能が欲しい人は、X5Aを選択となりますが、重いので首が疲れるという方もいるみたいなので、注意が必要です。また、カップの厚みが8cmありますので、見た目、結構大きいです。外で使うと、結構目立ちます。

ある程度の遮音性能は欲しいが、X5Aより軽めでカップの厚みも抑えたものがいいという方は、X4Aとなります。

見た目の薄さ(スタイルの良さ)と軽さをある程度重視、遮音性能も欲しい、X3Aとなります。

 

X3AとX4Aでは、遮音性能は、あまり変わらないが、ほんの少しだけX3Aが遮音性能は高くなります。

カップの厚みは、62mmと45mmで少し、X3Aが厚い。その分、カップ内の耳の居住空間も広がりますので、イヤホンとの併用を考えている人には、いいかもしれません。

ただし、あまりに大きなカナル型イヤホンなどは、干渉するかもしれないので、注意が必要です。

 

薄さと軽さを重視の人は、X1Aとなります(この機種は、小学校低学年くらいの子どもさんがよく使っています。)

 

 

ページの先頭へ