理想の耳栓を探して MOLDEXとの出会い




私がこのサイト「おすすめ 防音 耳栓 比較」を開設して、8年の月日が経った。

2006年ごろ、流行っていた耳栓は、スリーエムの1100(ダイソーオレンジ)、ハワードライトのマックス、マックスライト(ダイソー緑)などだった。
パッケージ品としては、イヤーウイスパーやサイレンシアなどがあった。入手のしやすさから、パッケージ品を使っていた人が多かった。

当時、NRR33は最強であるといった広告文が目立っていた。サイレンシアを販売するサイトも「耳栓最強」とまぎわらしい広告文で販売していた。

掲示板やいろいろな質問サイトでは、

「耳栓は、住宅騒音などの低音には、向かない」 となっていた。

本当にそうなのだろうか? いろいろの耳栓を探してみた結果、「耳栓という小さな商品」の中では、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)が高密度の耳栓だった。遮音性能を考えた場合、同じ容積であれば、密度が高いほど、高性能である。
そして、Camoをこのサイトで紹介してみたのである。

当時、国内通販サイトでMOLDEXを販売するサイトは無かった。
このサイトがGoogleの「耳栓」というワードでの検索で上位にランクされるとともに、通販サイトでも取扱いし始めた。

今では、このサイトに似たようなサイトも存在するが、このサイトでMOLDEXを紹介していなかったら、「耳栓は、住宅騒音などの低音には、向かない」 と思われ続けたのだろうか?

また、MOLDEXを紹介して以来、これを超える耳栓を探していた。

そこで、見つけたのがフランスの耳栓 Quies(クイエス)であった。 

ただ、これは、使い勝手に難があるので、総合パフォーマンスでは、MOLDEXの耳栓がいいかなという感じである。

新製品が出れば、チェックしているが、この8年で出てきた新製品といえば、MOLDEXのMeteors(メテオ)位。

市販品では、Camo(カモ)が遮音性能最強の時代は続く。
素材の密度を高め、なおかつ、自分の耳穴に快適な製品を手に入れるには、現状、改造や自作しかない。
最近では、カナルイヤホンのチップも自作して楽しんでいる。
素材は、もちろん、MOLDEXの耳栓だ。

耳栓・イヤホンチップ自作についての参考ページ : 耳栓・カナルイヤホン改造のページ


追記:2016年2月10日
TBS系で放送されている「マツコの知らない世界」で耳栓が扱われた。
残念ながら、MOLDEXの耳栓 の紹介はなかった。
これには、いくつの理由が考えられる。

1、番組に耳栓や騒音シュミレーション装置を提供した会社を優先的に紹介。

2、MOLDEXの耳栓は、遮音性能が大きい。
  その為、放送を見た視聴者が耳栓を付けて外出し、交通事故などに遭うことを懸念した。

一般的に考えて、1が正解と思われる。また、テレビは尺(放送時間)の問題もある。

番組内で紹介されたサイレンシア レギュラー や、イヤーホリデイ は、遮音性能が最高とされていたが、MOLDEXの耳栓 (NRR33タイプのもの)は、それ以上の遮音性能であるということを付け加えておきたい。