耳栓をしても音が気になる場合





耳栓をしても音が気になる。

これは、よくあることです。

対処方法もあるので、ご安心を。

まず、今、使っている耳栓は、あなたにとって、ベスト耳栓でしょうか?

よくあるのが、ダイソーなどに売っている遮音性能の低い耳栓を使っている場合です。

騒音対策の為に耳栓を買ったのに、全然効果がない。

耳栓は、ダメだ。

こんな人もいます。

人との会話をしやすくする為に、遮音性能を低めに設定してある耳栓を使っている。

そういった場合は、






耳栓のお試しセットを使ってみましょう。


この中にベスト耳栓がなかったら、別のメーカーのお試しセットも試してみるといいでしょう。






スポンジタイプが合わなかったら、シリコンタイプというのもあります。







Amazon などのネットショップで探せば、いろいろな 耳栓 がありますので、自分のベスト耳栓を見つけ出しましょう。



さて、自分のベスト耳栓を持ってしても、音が気になる場合や騒音が防ぎ切れない場合の話に移ります。




1、防音用のイヤーマフを併用する。




3M PELTOR イヤーマフ X3A 国内正規品


イヤーマフもたくさんの種類があります。イヤーマフの選び方については → イヤーマフのいろいろな話(どれを選べばいいか?)


耳栓とイヤーマフの併用については、販売サイトなどでもおすすめされている方法。

耳栓は主に、耳穴を通る音を遮断するのだが、イヤーマフは、外耳を伝わる音も遮音するので、併用は効果があるということ。耳栓を使えないときは、イヤーマフだけを使うということももちろんできるので、持っていてもいいだろう


2、音のマスキング効果を利用する。


音を音で消すマスキング効果を利用する方法もよく知られている。

この場合、低音を消すには、低音を高音を消すには、高音の音をつかうのがいい。

クラシック音楽などでお気に入りの曲があればそれを流すといい。(勉強時なら、バッハやビバルディがいいとよく言われている。)

自然音(Amazon) の川の音などもいい。アマゾンの マスキング音源 は、試聴もできるので、一度、聞いてみるといい。購入も100円からとお手軽な値段なのがいい。


また、マスキングを専用で行う機械もある。




スリープ・ミー sleep me by marpac (音を音で遮る新発想)


こちらの機械は、ホワイトノイズを出すことによって、騒音を聞こえにくくする仕様。

類似品と違うところは、物理的なファンの音を出すので、人の話し声や物音、足音なども聞こえにくくするというところだ。




3、耳栓の性能UPを行う。


耳栓の性能UPに関しては、耳栓改良のページを設けているので、ご参考に。



1~3までを併用すると、耳栓だけでは足りなかった人も概ね満足できるレベルになる。そして、コストもそんなにかからない。お金をかけることもできない人でも、ここまで、防音できる。特に受験勉強や資格試験の勉強をしている方、がんばってほしい。また、夜勤で疲れているのに、隣が道路工事をしているとか、そういった人も応援したい。


環境は必ず、改善できるのだ。



おまけ:耳栓をしても音が気になる場合の精神的対処。

耳栓をして、小さくなった音が気になる場合、意識がそちらに向いているということがある。

その人のエネルギーが音に対して、向かっている場合もある。

ここで質問。

あなたは、その音に対して「怒って」いないだろうか?

怒るということは、意識が向いていることだ。

エネルギーが向いていることだ。

エネルギーが音(騒音)に対して向かっている場合、「許す」ということが、意識を向けない為には、一番いいのだろう。

だが、なかなか、普通の人には、出来ないだろう。

そこで、「許す」手前のステップから始めよう。

そのことを「考えない」、別の前向きなことに集中するようにしよう。

そうすれば、エネルギーは、その別の前向きなことの方に流れていく。