耳栓の効果をアップする簡単な方法


耳栓のお試しセット などを購入して、自分の気に入った耳栓を見つけた。
で、次に考えるのが、さらに遮音性能を上げる方法がないかということだ。
そんなときには、 方法はある。

1、防音イヤーマフとの併用




上の写真は、締め付け感が比較的少なめのハスクバーナのイヤーマフです。 遮音性能は、もっと上のイヤーマフがありますが、快適性を重視する方の為のイヤーマフです。

2、ヘッドホンとの併用




上の写真の audio-technica ヘッドホン ATH-M20x は、遮音性を高める楕円形状のイヤカップで、耳を包み込んでくれる形状をしている。
音を出していない状態での、遮音性能は、専用の防音イヤーマフには、負けるが、ヘッドホンから音を出せば、外部の音を聞こえにくくすることができる。(音のマスキング)
また、側圧は、イヤーマフより弱めなので、快適さでは、イヤーマフに勝る。
もっと、遮音性能に優れたヘッドホン  KOSS QZ99 というのもあるが、側圧強めで、少し重いので、合う人、合わない人が分かれる。

ヘッドホンから、流す音(マスキング音)であるが、自分が遮りたい音域の音で途切れのないものを使うといい。(低音をさえぎりたいのなら低音を、高音を遮りたいのなら、高音を流す)

筆者が使っている音源(マスキング音源)は、ホワイトノイズや川の流れる音など。
下記のサイトは、試聴もできるし、100円から販売されているので、活用するといいだろう。

自然音(Amazon)

ホワイトノイズ(Amazon)

最近、筆者が気に入っているのが、528Hz音源

528Hz音源(Amazon)

DNA修復の効果があるといわれているが、マスキングにも適している音。

528Hz音源は、いろいろあります。自分の好みの音を見つけよう!






3、耳をかぶせることができる帽子をかぶる。




耳栓をした状態で、帽子をかぶるのです。

耳の部分が二重になっているものがいいです。
体感で2dbほど、遮音性能がアップする感覚です。
音は、耳穴からだけでなく、頭の骨を通って、鼓膜に届きます。それを押さえる役目も果たします。

別に上の写真の帽子でなくても、耳の部分が二重にできる帽子があれば、それでやってみましょう。
私は、部屋で、これをやっているのですが、冬など、暖房費も節約できて、一石二鳥です。
※夏は、タオル地で汗を吸い取るようなものを使っています。

帽子を使うと、イヤーマフやヘッドホンとの併用ができませんが、音のマスキングの併用 はできます。
部屋のコンポから、マスキング音を流すと効果的です。