飛行機に乗る時の耳栓の比較と使い方について

 飛行機の上昇・下降時に機内の気圧変化により、耳が詰まったり、痛くなることがあります。
飛行中に耳が痛くなった場合は、飴をなめたり、つばを飲み込んだりするといいらしいですが、あまり効果がないという方もいらっしゃいます。
それで、気圧変化を低減させるツールとして、飛行機に乗る時の耳栓の導入を考える方もいるかと思います。
さて、どれがいいのか?

サイレンシア・フライト・エアー イヤー・プレーン

ここでは、サイレンシア・フライト・エアーをおすすめします。

おすすめポイントは、2点あります。

○ サイズが標準サイズ (サイレンシア・ フライト・ エアー) とSサイズ (サイレンシア・ フライト・ エアー Sサイズ) から選べる。

○ 繰り返し使えるので、コストパフォーマンスがいい。

サイレンシア・ フライト・ エアー Sサイズ

サイズは、大人の男性であれば、まずは、標準サイズでいいかと思いますが、今までに耳栓を使っていて、耳穴サイズが小さいと感じている人は、Sサイズの選択もありです。
また、女性や子供は、まず、Sサイズで始めるのがいいでしょう。


飛行機用の耳栓のサイズと特徴を一覧にまとめてみました。ご参考にしてください。


名前 写真 サイズ 特徴
サイレンシア・フライト 34mm(全長)×13mm(直径) 全長34mm、直径13mmで、この中では一番大きい。3段フランジ構造。気圧の変動による耳の不快感を軽減。繰り返し使用可能。携帯ケース付き。現在は、生産完了。
サイレンシア・フライトプラス 32.9mm〈全長〉×12.8mm〈直径) 上のサイレンシア・フライトの後継バージョン。耳栓部の素材エラストマーと3段フランジ構造は継承。サイズは、少し、小さくなった。下のサイレンシアフライトエアーが小さいという方の為の商品設定と思われる。2016年11月より販売開始。
サイレンシア・ フライト・ エアー 29mm(全長)×12mm(直径) 5段フランジ構造と、耳栓内部に気圧変化を緩やかにする調整機能がついていて、気圧の変化によって起こる鼓膜や耳の痛みを軽減。繰り返し使用可能。携帯ケース付き。
サイレンシア・フライト・エアー S 24mm(全長)×10mm(直径) 上のサイレンシア・フライト・エアーの小さいタイプ。耳の小さい女性・子ども向け。
イヤープレーン 28mm(全長)×11mm(直径) 耳栓内部に多孔性の特殊フィルターが入っており、気圧の変化をゆるやかに耳内部に伝える調整機能がついている。旅行1往復目安の使い切りタイプ。ケース付き。
イヤープレーン S 21mm(全長)×10mm(直径) 上のイヤープレーンの小さいタイプ。子ども(※外箱には、3才以上と書かれている)、耳の小さい人向け。

※イヤープレーンとイヤープレーンSは、多孔性特殊フィルターを採用していて、このフィルター部分に空気中の汚れやホコリがつまると気圧変化を軽減する効果が弱まるため、使い切り目安「旅行1往復」となっている。


レビューと評価について


サイレンシア・フライト・エアー(標準サイズ・Sサイズ): 楽天市場でのレビューと評価

イヤープレーン(大人用): 楽天市場でのレビューと評価

イヤープレーンS(子供用): 楽天市場でのレビューと評価 

飛行機の上昇・下降時に機内の気圧変化により、耳が詰まったり、痛くなることがあります。 飛行中に耳が痛くなった場合は、飴をなめたり、つばを飲み込んだりするといいらしいですが、あまり効果がないという方もいらっしゃいます。 それで、気圧変化を低減させるツールとして、飛行機に乗る時の耳栓の導入を考える方もいるかと思います。 さて、どれがいいのか?

サイレンシア・フライト
34mm(全長)×13mm(直径)
今回、紹介する商品の中では、一番大きいサイズ。3段フランジ構造。気圧の変動による耳の不快感を軽減。繰り返し使用可能。携帯ケース付き。
現在は、生産完了。
サイレンシア・フライトプラス
32.9mm〈全長〉×12.8mm〈直径)
上のサイレンシア・フライトの後継バージョン。耳栓部の素材エラストマーと3段フランジ構造は継承。サイズは、少し、小さくなった。下のサイレンシアフライトエアーが小さいという方の為の商品設定と思われる。2016年11月より販売開始。
サイレンシア・ フライト・ エアー
29mm(全長)×12mm(直径)
5段フランジ構造と、耳栓内部に気圧変化を緩やかにする調整機能がついていて、気圧の変化によって起こる鼓膜や耳の痛みを軽減。繰り返し使用可能。携帯ケース付き。
サイレンシア・フライト・エアー S
24mm(全長)×10mm(直径)
上のサイレンシア・フライト・エアーの小さいタイプ。耳の小さい女性・子ども向け。
イヤープレーン
28mm(全長)×11mm(直径)
耳栓内部に多孔性の特殊フィルターが入っており、気圧の変化をゆるやかに耳内部に伝える調整機能がついている。旅行1往復目安の使い切りタイプ。ケース付き。
イヤープレーン S
21mm(全長)×10mm(直径)
上のイヤープレーンの小さいタイプ。子ども(※外箱には、3才以上と書かれている)、耳の小さい人向け。

この中で一番のおすすめは、サイレンシア・フライト・エアーです。

おすすめポイントは、2点あります。

○ サイズが標準サイズ (サイレンシア・ フライト・ エアー) とSサイズ (サイレンシア・ フライト・ エアー Sサイズ) から選べる。

○ 繰り返し使えるので、コストパフォーマンスがいい。※イヤープレーンとイヤープレーンSは、多孔性特殊フィルターを採用していて、このフィルター部分に空気中の汚れやホコリがつまると気圧変化を軽減する効果が弱まるため、使い切り目安「旅行1往復」となっている。

サイレンシア・フライトエアーが小さいという方もいらっしゃると思います。
そういう方は、サイレンシア・フライト・プラスがいいですね。(サイレンシア・フライトは、生産完了)




レビューと評価について


サイレンシア・フライト・エアー(標準サイズ・Sサイズ): 楽天市場でのレビューと評価

イヤープレーン(大人用):楽天市場でのレビューと評価

イヤープレーンS(子供用):楽天市場でのレビューと評価

参照サイト: サイレンシアフライト生産完了→サイレンシアフライトプラス発売開始




飛行機に乗る時の耳栓の使い方について


飛行機に乗る時の専用耳栓ですと、アナウンスや人の声は聞こえるようになっております。

ある商品の取説には、飛行機が上昇、下降し始める前につけるように書いてあります。

水平飛行の気圧安定期は、外しても構わないとのこと。

ですが、飛行機に乗り慣れていない人は、搭乗中、ずっとつけたままの方がいいかもです。

耳栓を外してる時に、下降が始まっていて、まだ耳栓をつけていなかったということが避けられるからです。

慣れてきたら、上昇、水平飛行、下降のタイミングがわかってくるでしょう。

詳細については、ご購入された商品の取扱説明書に従って、ご使用するようにしてください





防音を目的とした耳栓は、飛行機で使えるのか?

3MやMoldexなどの防音用の耳栓は、気圧調整用の耳栓として使えるのか?

という問題についてです。

まず、遮音する能力が高すぎて、機内のアナウンスが聞こえないものはNGです。

私の体験談ですが、アナウンスの声が聞こえる適度の防音用の耳栓を上昇、下降時につけていると、耳の痛みが軽減されました。

たまたま、この耳栓の素材が気圧調整をしてくれたのかもしれませんし、自分だけの体験かも知れません。

メーカーが想定した使い方ではありませんし、効果がないものや逆効果のものもあるかもしれません。

ですので、気圧調整機能があることを明示してある専用の耳栓を使った方がいいでしょう。