グリップ付きの耳栓


上の写真のEAR PUSH-INSは、グリップがついた耳栓の中では、最高クラスの遮音性能 NRR30を持つ。
グリップ付きで遮音能力の高い耳栓が必要ならば、この耳栓をおすすめする。


グリップつきの耳栓のいいところは、着脱が容易であるという事。つけたり外したりする状況では、重宝する。
また、耳穴に触れる部分に触れず、軸を持って、装着できるので、その点もいい。



Peltor Next No-touch

上の写真のPeltor(ぺルター) のNext No-Touch も有名。遮音性能は、NRR29。
No-Touchの場合は、微妙に装着位置を調整できるので、しっかりとした装着ができる。

参考: グリップ付きの耳栓の効用


3M エクスプレス


上の写真左のPeltor(ぺルター) のNext No-Touch も有名。遮音性能は、NRR29。
No-Touchの場合は、微妙に装着位置を調整できるので、しっかりとした装着ができる。 →参考  グリップ付きの耳栓の効用

上の写真右の3M エクスプレスは、NRR25と遮音性能が低い耳栓。耳穴に触れる部分の面積が少ないので、グリップ付き耳栓の中でも着脱が簡単。
用途によっては、必要な耳栓である。

上の写真の3M エクスプレスは、NRR25と遮音性能が低い耳栓。耳穴に触れる部分の面積が少ないので、グリップ付き耳栓の中でも着脱が簡単。
用途によっては、必要な耳栓である。

筆者の体験から言うと、装着感という点では、グリップなしの普通の耳栓(Pura-FitSpark など)の方が、上である。状況によって、使い分けるといいだろう。



バンド付きの耳栓


MOLDEX 耳栓 Jazz Band

バンドつきの耳栓も装着が容易。
頻繁に着脱を行う状況では、重宝するだろう。
このバンド付き耳栓、バンドのばねの圧力方向が、微調整できない。
よって、圧力方向と耳穴の向きがジャストフィットする人には、いい耳栓となるが、そうでない人が、長時間使用する場合、違和感があるだろう。



ひも付きの耳栓

上の写真は、Moldex(モルデックス)のGoin'green(ゴーイングリーン)という耳栓で遮音性能がトップクラスの耳栓である。
このゴーイングリーンは、ひものないタイプとひも付きタイプの両方、販売されている。
価格の方は、ひも付きタイプの方が割高である。

ひも付きタイプのいい点は、紛失防止に役立つというところである。
販売数としては、ひも無しタイプの方が圧倒的に多いが、用途によって、ひも付きを使っている人もいる。