イヤーマフ 耳栓 おすすめ 防音対策


イヤーマフのいろいろな話(どれを選べばいいのか?)


イヤーマフは、試着ができる場所があまりないので、どれを選べばいいのかのポイントを書いてみます。

あなたは、イヤーマフに求めているものは、なんでしょうか?


1、絶対的な遮音性能が欲しい。





3M ペルター イヤーマフ X5A 防音 (NRR31dB) 並行輸入品


遮音性能NRR31で最強レベル。(※NRRは遮音性能の目安です)

品質は、3Mブランドなのでお墨付き。

金属が使われていない絶縁仕様ですので、電気的な危険性を減らしてくれます。(感電・落雷など)

上記製品は、並行輸入品で価格は、国内正規品より安い場合が多いです。

が、英語表記の取扱説明、サポートが少し不安という方は、

日本語取扱説明書とサポートも安心な 3M イヤーマフ X5A〈国内正規品) もあります。


実際に装着した様子




出典:Amazon.co.jp


遮音性能については最強ですが、

1、重い

2、見た目がでかい

という欠点があります。

重いと長時間の使用で疲れますし、見た目がでかいと人目を気にする場所では使いにくいです。

見た目に関しては、上の写真が参考になるかと思います。

では、少し見た目の小さなイヤーマフも紹介していきます。


2、遮音性能重視だが、見た目もそこそこ気にしたい。






3M PELTOR イヤーマフ X3A 国内正規品


3M PELTOR イヤーマフ Xシリーズの中では、X5Aに次ぐ遮音性能NRR28となります。


実際に装着した様子




出典:Amazon.co.jp


カップの厚みは、X5Aと比べると2cmほど薄く、62mmとなります。


3、遮音性能重視と見た目も両方重視





3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


遮音性能は、NRR27となりますが、カップの厚みは、46mmとかなり薄くなります。



実際に装着した様子




出典:Amazon.co.jp

4、あまり遮音しすぎるのも困る。見た目も重視。





3M PELTOR イヤーマフ X1A 国内正規品


遮音性能は、NRR22。上のX4Aとカップの厚みは同じ46mmですが、重さが184g(X4Aの重さは、234g)と50g軽くなります。


実際に装着した様子



出典:Amazon.co.jp

ラインのカラーの違い(X1Aは緑、X4Aは黄緑)は、ありますが、カップの厚みは同じなので、見た目はほぼ同じです。


5、持ち運びをしたい。カフェなどでも使いたい。





HOWARD LEIGHT イヤーマフ LEIGHTNING L0F NRR23 折たたみタイプ Bilsom


上の1~4の3M イヤーマフXシリーズは、折りたたみは出来ません。

そこで、折りたたみが出来て、コンパクトに持ち運びができるこの機種 Howard LeightのL0Fを上げておきます。

スタバなどで集中したい時に隣の席に騒がしいのが来た。

そんな時に、カバンからサッと取り出して自分の世界を取り戻す。

そういった使い方もできるでしょう。


ちなみに延ばした時は、





こんな感じになります。

メーカーのロゴは入っていますが、カラーのラインは、入っていないので、目立たない方がいい人にはいいのではないのでしょうか?


持ち運びに便利な折りたたみできるイヤーマフでおすすめの品をもう一つ上げておきます。





ブルズアイI H515


カラーは、3色設定されていて、上の写真の黒の他に ミリタリーグリーン と レッド があります。

目立たないのがいい場合は、黒、目立ちたいなら赤、森に溶け込む色がいいのならば、ミリタリーグリーンを選べばいいでしょう。

遮音性能はNRR21でそれほど高くはない。

ヘッドバンド部が薄く、柔らかい帽子をかぶっていても着用可能とのこと。

射撃用に作られたモデルで、イヤーカップ下部は、銃床をクリアするテーパー形状となっている。

楽天市場でのレビューと評価 も参考に。