最強イヤーマフが登場。3M(Peltor)X5A




3M(Peltor)X5Aについて

3M(Peltor)のイヤーマフ X5Aは、2014年頃からアメリカや欧州などで販売が開始された。
そして、またたく間に 米国Amazon で販売数がトップクラスの商品となった。

そんな、人気商品であるX5Aだが、3M Japan(スリーエム ジャパン)では、取り扱いがなく、日本国内においては、あまり知られていない商品であった。

最近になって、海外からの 並行輸入品 が流通し、価格もこなれてきたので、入手しやすくなった。
ここで、始めから、ずっとメーカー名(ブランド名)を3M(Peltor)と書いてきたのだが、これについて、少し説明する。

3Mというとポストイットで有名な会社なのだが、実は、昔から耳栓やイヤーマフを作っているのだ。
そして、Peltor(ペルター)という会社も、元々、防音用のイヤーマフで一流のメーカーだった。
それが、5年ほど前だったと思うが、Peltorブランドが3Mに吸収されたのだ。
「3M(Peltor)」というのは、ブランド統合の名残なのである。

さて、X5Aに関しては、ブランドが統合されてから、設計開発された商品で新しい。
(ちなみにH10AやH540Aは、統合前のPeltorが開発した商品で開発年は古い)

ところで、スリーエム ジャパンのサイトには、この商品の取り扱いがないので、アメリカやヨーロッパの3Mのサイトを見てみることにする。

3M ヨーロッパ X5A
3M アメリカ X5A


で、書かれた内容をまとめてみると、

1市場で販売されているイヤーマフの中で一番高い遮音性能である

2、非常に厳しい騒音下で使うことが想定されており、遮音性能は、NRR31(31db 騒音を減衰させる)である。

3、遮音性能を高くした為、本体が重くなってしまったが、重量バランスが考慮されており、装着時に重さを感じにくい設計にしてある。

4、本来なら複合的な騒音対策(耳栓+イヤーマフなど)が必要な場合も、このイヤーマフなら単独で同程度の遮音効果がある。

5耳の周りを囲んでいるイヤーパッドが柔らかく、幅広な設計のため、耳の周りにかかる圧力(側圧)が軽減される

6、イヤーカップの内部の空間を大きくして、湿気や熱がこもるのを防いでいる。

7、ヘッドバンドとワイヤーは、絶縁仕様となっている。

では、次に遮音性能を他の機種と比較することにする。

周波数ごとの遮音性能比較へ

遮音性能比較



周波数ごとの遮音性能比較


写真 機種名 125 250 500 1000 2000 4000 8000 NRR
3M X5A 22.3 28.8 39.7 44.2 39.8 43.0 40.2 31
PELTOR H10A 21.0 26.0 36.6 40.6 38.0 42.7 41.3 30
PELTOR H540A 17.4 24.7 34.7 41.4 39.3 47.5 42.6 30
Howard Leight L3 23.8 28.8 36.5 39.9 35.3 39.0 40.8 30
MOLDEX MX-6 21.8 25.6 33.5 37.7 40.7 42.6 43.2 30


日本で販売されているイヤーマフは、数多くあるが、その中でも遮音性能がトップクラスの機種を比較してみた。
数値が大きいほど遮音性能が高い。
周波数ごとに遮音性能を比べてみても、3M X5Aの遮音性能の高さが際立つ。(特に125Hz~2000Hzの帯域)

結論: イヤーカップが大きい、少し重いという欠点はあるが、遮音性能の高いイヤーマフが欲しいなら、X5Aをおすすめする。